FC2ブログ
稼ぐ為の基本的な方法
Powered By 画RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーリンク

【東京新聞】在日2世・申静子さん「追悼文取りやめで都知事は日本人に泥を塗った。在日は肩身が狭く、生きづらい」[08/31]

1:
歴史から目背けないで 都知事が朝鮮人追悼文取りやめ 波紋

東京都の小池百合子知事が、9月1日に営まれる関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を今年からやめた判断に、波紋が広がっている。式が開かれる地元の墨田区長も追悼文の送付を断るなど、追随する動きも出ている。小池氏らに再考を求める作家と在日コリアンが、懸念の理由を語った。 

(聞き手・辻渕智之)

◆作家・加藤直樹さん(50) 差別否定する行政を

関東大震災後、朝鮮人が暴れているという流言を東京の住民が信じ、朝鮮人を殺した。しかも流言の拡散には、警察などの行政が加担した。歴代の都知事が追悼文を出してきたのは、二度と起こさない責任が行政にあるからだ。

小池知事は定例会見でも「虐殺」「殺された」という言葉を避け、「災害に続くさまざまな事情によって亡くなられた方々」と表現した。虐殺があったかどうか分からないとの立場を表明したに等しい。

虐殺は正当防衛だったとする主張が三月の都議会であった。政府中央防災会議の報告書も否定する誤った主張だが、知事の言葉や判断は結果的に容認することになりかねず、逆に負のメッセージを送っている。

僕は東京・大久保で生まれ育った。在日の級友も多かった。そんな多様性が大久保の誇りだし、東京の醍醐味だ。でも差別がまかり通るようでは、マイノリティーの人たちは安心して暮らせない。そして、民族差別がもたらした最悪の事態が虐殺だった。

災害の後、民族差別的なデマは今でも流れる。きちっとそれを否定する行政を望むし、それが防災の大きな柱だと思う。「ダイバーシティ」(多様性)を重視するとよく言う知事だからこそ、再考してほしい。

<かとう・なおき> 関東大震災での朝鮮人虐殺を描いたノンフィクション『九月、東京の路上で』などの著書がある。

◆在日コリアン2世 主婦・申静子さん(73) 肩身狭く生きづらい

かつて、日本に行った息子が帰らないと、故郷の朝鮮のお母さんたちは家の戸を夜も閉めなかったと聞く。虐殺され、遺骨も出てこない。生きていると信じ、帰ってきたら、入ってこられるようにと。

天災と人災は違う。そういう歴史から小池知事は目を背けている。

流言にあおられて朝鮮人を殺した日本の人たちも、われに返れば罪悪感にさいなまれたはず。その思いを託されたのが追悼式。それなのに「六千人虐殺に根拠はない」と主張する人たちは、日本人に逆に泥を塗っているように見える。そうした主張をする人たちが追悼文の送付取りやめを称賛している。知事は暗に力を貸したことになる。

在日はどんどん肩身が狭く、生きづらくなっている。何でも北朝鮮と結び付けられ、「不満なら朝鮮に帰れ」と。私たちも逃げ道をつくり、政治問題を口にしない。「朝鮮料理」は「韓国料理」と言い換える。

地元の杉並区にある朝鮮初級学校を支援している。学校と交流する町内の人は「災害が起きたら、帰れない子は家で寝泊まりさせてあげる」と言ってくれる。一方で「校庭に避難させて」とも。弱い者同士は助け合っている。だからこそ、権力者の小池知事の判断が残念でならない。

<シン・ジョンジャ> 20代から東京都内に居住する在日コリアン2世。両親は現在の韓国南東部から来日した。

ソース:東京新聞 2017年8月31日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017083102000146.html
関東大震災朝鮮人虐殺について話す加藤直樹さん=29日、東京都新宿区で
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/images/PK2017083102100054_size0.jpg
小池都知事が関東大震災朝鮮人追悼式への追悼文を取りやめた判断について話す在日朝鮮人の申静子さん=30日、東京都杉並区で
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/images/PK2017083102100055_size0.jpg

3:
>>1
えっ。
ブサヨ以外は、喝采だけど。
泥を塗ったとか、鮮人がわの感情論はいらんよ。
それは、日本人がいうことだし。

12:
>>1
日本人の事はお前に関係ないだろ朝鮮人

72:
>>1
こういう話が出るほど小池さんを応援したくなるなw
もはや
『日本人の良心に訴える』
作戦は逆効果なのにw

79:
>>1
この北朝鮮危機に際して未だ反日を続ける在日ねえw
優しく出来るのももうあと少しかもよ。

82:
>>1
これスルーかよ

【  中国の悪事等(一例。他大量にある)  】

・1871年  宮古島島民遭難虐殺事件
・1886年  長崎事件(李鴻章=恫喝の反日クズ)

・1896年  芝山巌事件(六氏先生事件  ・1919年  寛城子事件
・1920年  尼港大虐殺事件  ・1800~1900年代  数多の反日テロリスト事件、抗日パルチザン等(シナ朝鮮や様々な国であった
・1927年  真の南京事件・漢口事件  ・1928年  済南事件(中国による虐殺。中国やサヨクによる捏造被害者面プロパガンダに発展  ・1930年  間島共産党暴動テロ
・1930~年代  ハロルド・ティンバリー反日工作事件(中国国民党宣伝機関工作。英紙マンチェスターガーディアン・マスゴミ問題。)  ・1931年  中村大尉殺害事件 シナ側による殺人
・1931年 万宝山事件暴動テロ
・1930~年代  東北抗日聯軍問題

・1937年  普天堡日本人虐殺事件(普天堡の戦い)、大山事件、  通州事件 (シナ人側の日本人虐殺)  堅壁清野(焦土作戦)、ユウ江門事件(内ゲバ)
・1938年  長沙大火、黄河決壊事件  ・1940~年  通化事件
・1940~年  満州等引き上げ時等に中国等による日本人拉致強制連行大虐殺事件  ・1949年  ウイグル侵略  ・1950年  チベット侵略  ・1959年  中印国境侵略紛争(中国の悪事  ・1969年  中ソ国境侵略紛争(中国の悪事
・1979年  中越戦争  ・2004年  上海総領事館員愛国者日本人自殺事件(反日スパイ事件)  ・2006年  対馬警備所1等海曹反日ハニトラ臭事件(上海総領事館員自殺事件関係?  ・2010年  尖閣諸島中国漁船衝突事件

102:
>>1
こう言う嘘と被害者ぶった内容は通じない
もう誰も朝鮮人を信用しないよ

117:
>>1
祖国へ帰れよ!
なんで嫌な日本に住み着いてんだよ!

124:
>>1
帰国で解決

125:
>>1
生きづらいなら祖国へ帰れば良い

153:
>>1

要するに、

自分たちの住みやすい社会にしろ(日本人が住みやすいか否かはどうでもいい)
と言ってるだけじゃないか!!!

156:
>>1
そんなに嫌なら帰ればいいのに

163:
>>1
偽りの追悼自体が日本人に泥を塗っている

181:
>>1
だったら帰れ

190:
>>1

戦後70年あまりの社会的実験で
半島人への「謝罪」は反日ブースターに燃料を投下するばかりで解決する手段として
何一つ役に立たないことが分かりました。
そればかりか、すでに解決済みの法的補償も覆される事態に至っては、もはや看過でき
ません。
よって半島人への謝罪行為一般について取りやめる事といたしました。
日韓両国民の未来的発展を切に望むための処置として致しからずご了承願います。

192:
>>1
いいえ、日本人の意思でも有ります。なにせ、確証も無く数をでっち上げてる訳ですから。
在日コリアンが肩身が狭いのはその通り。
なにせ、韓国から引取拒否されたゴミとして、日本が飼ってやってる訳ですから。

196:
>>1
違うでしょ、関東大震災では朝鮮人だけじゃなくて、米国人も中国人も
大勢亡くなったの。特定の国籍の人達だけ特別扱いせずに、
全ての犠牲者をいっしょに追悼するって事にしただけ。
朝鮮人を追悼しないとは、一言も言ってないんだけど?!

223:
>>1
関東大震災後朝鮮人が虐殺されたという流言を韓国国民が信じ、日本人を非難差別した。
しかも流言の拡散にマスコミ、御用学者などのサヨクが加担した。
小池都知事が追悼文を拒否したのは、二度と根拠が示されない風聞による強要への消極的妥協を
起こさない責任が行政にあるからだ。

250:
>>1
肩身狭いなんて嗤わせるな!
いうも自己主張ばかり強くて周りの迷惑無視だろ。

262:
>>1
在日二世で73なら関係ないだろ。

親も震災後に密入国してる。

272:
>>1
日本人に泥を塗っているのはお前らだろ
何様なんだ

308:
>>1
生きづらいならとっとと帰れよ

326:
>>1
だから帰れよ
生きづらいんだろ?さっさと帰って謳歌しろよ

引用元: ・【東京新聞】在日2世・申静子さん「追悼文取りやめで都知事は日本人に泥を塗った。在日は肩身が狭く、生きづらい」[08/31]

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

にほんブログ村 ニュースブログへ blogramによるブログ分析
こうこく
スポンサーリンク

リンクエリア
フリーエリア
最新記事
スポンサーリンク

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
投票
スポンサーリンク

RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。