稼ぐ為の基本的な方法
Powered By 画RSS

【エンタメよもやま話】“貧しい北朝鮮”は大ウソ? 強気ミサイル発射のワケは…山岳に眠る「1100兆円」と、あの国の存在[7/14]

1:
さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、世界を騒がせ続けるあの国のお話でございます。

 ご存じのように、北朝鮮が7月4日午前、日本海の方向に向けて弾道ミサイル1発を発射しました。飛行距離は約930キロ。今年10回目となる弾道ミサイルの発射です。

 日本政府は、ミサイルは約40分間飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられると発表しました。

 複数の欧米メディアによると、これを受け、4日、北朝鮮側は国営メディアを通じてミサイルの発射に成功したと表明。

 レックス・ティラーソン米国務長官は4日(日本時間5日)、北朝鮮が発射した弾道ミサイルが大陸間弾道ミサイル(ICBM)だったと認め、「米国は北朝鮮のICBM発射を強く非難する」とする声明を発表。同時に、国連安全保障理事会で挑発行為を続ける北朝鮮に「責任を取らせるためのより強い手段」を取れるよう提起する考えを示しました。

 最高権力者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長による独裁政権によって人民は苦しめられ、少しでも刃向かえばたちまち“粛清”されてしまいます。

 さらに、国のお金はこうしたミサイルといった軍事力の増強に湯水のごとくつぎ込まれ、人民は飢えたままです。

 なので、ご存じのように、国連をはじめとする国際社会は、経済制裁などの強化によって北朝鮮をいわゆる“兵糧攻め”にして、考えを変えさせようとしているわけですが、金委員長の傍若無人な振る舞いや行動は何一つ変わりません。

 それどころか、恐ろしいことに、こうした“兵糧攻め”が今後、全く効力を発揮しなくなる可能性が高いというのです。そうなれば、北朝鮮がますます増長するのは火を見るより明らかですね。

 しかし、なぜそんなことになってしまうのか?。にわかには信じがたいのですが、今週の本コラムでは、この恐ろしいお話についてご説明いたします。

■えっ!? 信じられない「1100兆円」

 いつものように、本コラムのネタ探しで欧米メディアのサイトを巡回していて、このニュースを見つけたときには目を疑いました。

6月16日付の米ニュースサイト、クォーツや、7月1日付の英紙インディペンデント、7月3日付の米紙ニューヨーク・ポスト(いずれも電子版)などが報じているのですが、北朝鮮には何と、6兆ドル~10兆ドル(約680兆円~1132兆円)の資産価値を有する貴重な鉱物資源が眠っているというのです。

 米ワシントンDCにある有名な民間シンクタンク「戦略国際問題研究所」の創設者兼上級顧問、ロイド・ヴァシー氏による最近のリポートによると、北朝鮮の山岳地帯の地下には、鉄、金、マグネサイト、亜鉛、銅、石灰石、モリブデン、グラファイトなど、約200種類もの鉱物が存在しているというのです。

■「中国に次ぐ世界2位」「世界6位」量の鉱物資源…スマホ必須レアアースも

 そして彼のリポートによると、北朝鮮のマグネサイトの埋蔵量は何と中国に次いで世界第2位!。タングステンは世界第6位とのこと…。

 それだけではありません。周辺国の工場がスマートフォン(高機能携帯電話)といったハイテク製品の製造に必要な大量のレアアース(希土類)も含まれているといいます。

 ちなみに北朝鮮では、鉱業が国内経済に占める割合はわずか14パーセントで、鉱山施設の平均稼働率は30パーセント以下。そして、こうした貴重な鉱物資源が眠っている山岳地帯は全く開発されておらず、現在、手つかずのまま…。

 ちなみに10兆ドルという見積もり額は、昨年の5月5日付英経済誌エコノミスト(電子版)が韓国の研究機関が2012年にはじき出した数字として紹介。

 また、前述のクォーツが報じた6兆ドルという数字については、オーストラリア国際大学のアジア太平洋カレッジの客員研究員で、北朝鮮研究の専門家、レオニード・ペトロフが「初耳で、現実味がない」としながらも「正確な数字を確認するのは困難だ」と慎重な言い回しに終始しました。

 しかし、この6兆ドル~10兆ドルという数字、欧米ではいま“当たらずとも遠からじ”といった感じで広く認識され始めているようです。



続きます。
http://www.sankei.com/west/news/170714/wst1707140011-n1.html
2017.7.14 11:00

2:
>>1
続き。
実際、前述のエコノミスト誌(電子版)によると、北朝鮮の経済規模は、韓国の約40分の1ですが、鉱物資源は韓国より遙かに豊富だといいます。2014年の鉄鉱石の生産量は、韓国が60万トンだったのに対し、北朝鮮はその約5・6倍の340万トンだったのです。そう考えると、6兆ドル~10兆ドルという数字にも俄然(がぜん)、リアリティーが出てきます。

 そんなわけで、昨年3月の国連決議では、北朝鮮から金、バナジウム、チタン、そしてレアアースを輸出することを禁止。さらに同年11月には、北朝鮮による石炭の生産を制限し、ニッケル、銅、亜鉛、銀の船積みを禁止しました。

 しかし、国連の年初に発表によると、北朝鮮は禁止された鉱物を密(ひそ)かに輸出し、制裁を回避するための新たな方法を見つけているといいます。

■鉱物輸出が支える北朝鮮の軍事費…

 実際、エジプト当局の2月の報告によると、北朝鮮からスエズ運河に2300トンの鉄鉱石を運ぶ船が見つかり、当局がこれを阻止したのですが、鉄鉱石の下からロケット爆弾が3万発、発見されたそうです。

 つまりこれ、北朝鮮が制裁を回避すべく、隠蔽(いんぺい)のテクニックを使って鉱物や武器を輸出している証拠ですね。

そして、金融、労働市場問題など経済政策全般に及ぶ研究を行っている韓国の非営利機関「韓国開発研究院」は昨年9月、北朝鮮と中国との間で行われる鉱物貿易は平壌(北朝鮮政府)にとっての“キャッシュ・カウ(稼ぎ頭のビジネス)”で、2016年の上半期、北朝鮮から中国に向けた総貿易量の54%は鉱物貿易だったと明かしました。

 やはり、いろんな意味で北朝鮮の命運を握るのが中国というわけですが、北朝鮮研究の専門家、レオニード・ペトロフ氏は前述のニューヨーク・ポスト紙に「中国側もまた、北朝鮮との貿易を続けたいと強く願っており、とりわけ、一部地域での独占維持に熱心だった」「中国は、北朝鮮を貴重な鉱物のクローズド・マーケット(閉鎖された市場)として維持することに興味を持っている」などと述べ、こうした貴重な鉱物資源を巡り、中国と北朝鮮が“持ちつ持たれつ”の関係であると示唆しました。

 そしてペトロフ氏は、北朝鮮に対する厳しい国際的制裁は、貴重な鉱物資源という切り札を持つ北朝鮮への財政レベルでの制裁が極めて困難であることを意味すると警告します。

 北朝鮮経済にとって、鉱業は依然として不可欠なものであり、多くの専門家は、これが(莫大な)軍事費を支える方策だと考えているといいます。

国際社会が厳しい経済制裁を科し続けているにもかかわらず、涼しい顔で核実験やミサイルの発射を繰り返し、日米韓を挑発し続ける北朝鮮。その不気味なまでの屈強さの源泉は、どうやら山岳地帯の地下に眠る大量の貴重な鉱物資源と、自分たちの鉱物資源を欲しがる中国にあるようです…。(岡田敏一)

     ◇

 【プロフィル】岡田敏一(おかだ・としかず) 1988年入社。社会部、経済部、京都総局、ロサンゼルス支局長、東京文化部、編集企画室SANKEI EXPRESS(サンケイエクスプレス)担当を経て大阪文化部編集委員。ロック音楽とハリウッド映画の専門家。京都市在住。



以上です。

3:
>>1
それを日本では「宝の持ち腐れ」「豚に真珠」って言います。

36:
>>33
換金無理
何十億ドル投資して、道や港つくらないと
北では精製は無理なので、精製出来る先進国に鉱石輸出するだけだな(付加価値なし)
中国なんかと価格の叩き合いしての輸出になる

46:
>>36
叩きあいで負けまくってこの成果(ミサイル撃ちまくり
だとしたらかなりの埋蔵量じゃね?

49:
>>46
だから、まだ、道路も港もないから輸出もしてない

57:
>>1
また投資詐欺かよ。
以前、ウラン2000年分って言ってたよな。
石油が出たとも言ってたぞ。

129:
>>1
そもそもそんな資源が本当にあるのなら、それを採掘して輸出してるはずだろ
それをしてないのは馬鹿な証拠だな

132:
>>129
そんな資源があるなら支那がほっとかない
とっくにチベットみたいにしてるさw

133:
>>132
たぶんハッタリだけど、そのハッタリで中国から支援を引き出してるのかもしれない

4:
北に貴重な鉱物資源あるなら米が俄然やる気出したりして

44:
>>4
>>8
昔から知られている話だ。

旧大日本帝国も北を大開発していて、終戦直後は北の方が経済的に数段豊かだった。

その後施設の更新管理をしなかったりして、埋もれたままになったが、先代から利権を海外の企業に売ることによって外貨を稼いでいる。

114:
>>4
誰かアメリカに「朝鮮半島に大量の金が埋まってる」って教えてやれよう

118:
>>114
プーチンの方が話早いかも

5:
「北朝鮮には地下資源がある」って噂は
昔からあるけど、本当なのかね?

40:
>>5
すでにヨーロッパと中国によって権益の分配がするでいるとの話だが。

149:
>>5
本当なら、北鮮はとっくに亡ぼされてる

8:
本当ならアメリカが既に空爆してるって

13:
あれだけ金正恩が太ってるしミサイルは次から次へとぶち上げるし、大金持ちだと思うね。

16:
>>13
栄養バランスが偏った食事を続けると、
ああいう体系になる。

何年か前に
「低所得者ほど、食事は炭水化物がメインな為、肥満が多い」という
ニュースがあったが、知らない?

14:
早く開発して、国際市場に流せよ
レアメタルなんて先進国でしか利用出来ないしなw
中国と価格の叩き合いしてくれw

15:
あったところで買わなきゃいいだけの話

17:
これでアメリカは安心して爆撃できるな

30:
>>17
だな。
難民が出てもこれ売りさばいて食わせりゃいいってことだしw

20:
なのに北朝鮮は世界最貧国のままです。

引用元: ・【エンタメよもやま話】“貧しい北朝鮮”は大ウソ? 強気ミサイル発射のワケは…山岳に眠る「1100兆円」と、あの国の存在[7/14]

関連記事
スポンサーサイト
スポンサーリンク

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

にほんブログ村 ニュースブログへ blogramによるブログ分析
こうこく
スポンサーリンク

リンクエリア
フリーエリア
最新記事
スポンサーリンク

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
にほんブログ村 政治ブログへ
投票
スポンサーリンク

RSSリンクの表示
検索フォーム